なぞなぞ君の気まぐれメモ

この広い世界知らないことばかりなエッセイ

海上保安大学校の練習船「こじま」に乗り込んで

f:id:nazonazox:20180910224459j:plain


本日の広報担当、MDさんは26歳、人事課。高校を卒業して海上保安学校に入校しました。最初は鳥羽海上保安部に勤務し、名古屋港に入港する船舶の交通整理をしていました。

次の勤務地、尾鷲海上保安部では、密漁の取り締まりを行ったそうです。現在では、第4管区保安本部の人事課に勤務。海上保安官は、普通ではやれない体験ができて刺激的だと話します。

AFさんは女性で広島県出身。「普段は人の目につかない仕事ですが、見えない所で日本の海を支えているので、やりがいを感じます!」と目を輝かせます。

防衛省管轄の自衛隊と違い、海上保安官は軍隊に組織されません。自衛隊が軍隊ならば、海上保安庁は警察。海上保安庁の職員は13,522人。これは愛知県警の職員の数とほぼ同じ。そんなわずかな人数で日本の海を守っているとは、スゴいなあ。

海上保安庁とは国土交通省の外局で、海上の警察、消防を担当しています。その職務は、
①治安の確保(密漁や違法操業、産廃の不法投棄の取り締まり、密輸や密航の水際での阻止、空港やエネルギー関連施設へのテロ対策、重要な国際会議等の警備)
②領海や排他的経済水域EEZ)を守る
③海難救助
環境保全
⑤船舶事故や台風地震などの防災
⑥海洋調査
海上交通の安全確保

尖閣諸島の警備を抱える第11管区については、全国から海上保安官が集まります。第7管区も竹島を抱えて同様とか。職員として大切な資質は協調性と体力。学生の時には9kmの遠泳もあったそうです。鍛えられますね。

f:id:nazonazox:20180910224509j:plain

この日は、雪まじりの冷たい風が容赦なく吹きすさぶ1日。帰ろうとして、車のエンジンかけると、ナビが「今日はタローとジローの日です」としゃべるではないか。

ん? そう言えばさっき、ポートビル近くを歩いてて、タロー&ジローの像を目にしたぞ。なんたる偶然!けど、知っていれば、さっそく写真を撮ったのに! ナビ君、なんでもっと早く言ってくれないの!?

寒風の中、僕は首をすくめ、勇気をふるって、えいやと車から飛び出しました。(H29. 1記)

MD-san is a staff member of Japan Coast Guard. He said that his job offers him a real challenge. Their mission has a wide range of duties, like maintaining maritime order, saving lives, guarding EEZ, ensuring maritime traffic safety, preparing for disasters and the like. AF-san said it's tough to wade through her work of guarding waters but that it's rewarding at the same time in many ways.